クレジットカード現金化の方法とよい業者の選び方

クレジットカード現金化を活用するには、サイトや店舗で申し込み、所定の商品を買い、それを少し安い値段で買い取ってもらい、口座に現金を入金してもらうという方法です。
買取方式が主流ですが、キャッシュバック方式もあります。
クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいとなり、お金に困っている人たちが利用する考え方です。
残っているショッピング枠の金額を活用して、この行為を行うものです。
数十年の実績を誇る業者もいるくらいなので、まともに誠実に取り扱っている業者もいるということです。
ですから、一概に全てが違法とは言えません。
これが入金されなかったり、買った商品に傷があるなどと因縁をつけたり、手数料の差額が貸金業法の範囲を超えて大きかったりした場合は、悪質といえる場合もあります。
できれば、ショッピング枠は、買い物という本来の手段で活用するようにしたいものです。
そして、なるべく現金を温存し、支払いをリボなどで先送りすることです。

業者が良いか良くないかを見極めるポイントとしては、二つ挙げられます。
一つは、店舗を構えているかどうかです。
店舗があれば、何かトラブルがあっても簡単に逃げたり不在になってしまったりすることが起きません。
また、買取に使う商品をおよそ価値の低い消しゴムなどというような実体に合わないものを使用しないような業者を選ぶべきです。
問題のある業者は、かつては買取方式、次にキャッシュバック方式、そしてまた買取に回帰している傾向にあります。
長年同じ方式で地道に確かな実体を持って営業している業者を選ぶべきです。
しかし、良い業者といっても、している行為はきわめてグレーなことです。
その認識はしっかりと持って取引すべきです。
カード会社の約款などでは、決して許される使い方ではありません。
ですから、カード会社や協会としても、クレジットカード現金化を行うことのないように、消費者の購入内容をチェックしているところです。
カード停止と即時全額返済とならぬように気をつけることが大切です。