クレジットカード現金化は簡単に行うことができる

クレジットカードのキャッシングを利用としてカード会社にキャッシングサービスの申込をしたところ、カード会社から融資の審査が下りなかったとします。
こうなってしまうとキャッシングサービスを利用しての現金を調達することができなくなってしまいます。
こうなってしまうと一見するともう現金を調達できないのではないかと思ってしまいますが、他の方法でも現金調達をすることができます。
その方法というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用して間接的に現金を手にするというクレジットカード現金化というものであります。
この方法は、ショッピング枠を直接現金化することができないので、間接的に現金化をしていく方法になります。
やり方は、実に簡単になっています。
ショッピング枠で高く売れそう商品を購入して、それを売るだけという至ってシンプルです。
この方法ならば、カード会社からの審査に通るのか通らないのかといったことを心配せずに行うことができます。

クレジットカード現金化はキャッシングのようにカード会社からの審査が必要としないことから、現金調達方法としてはハードルは低いです。
ですが、一つ注意点があります。
簡単に行うことができるメリットがある一方、それが逆にデメリットになってしまうことがあります。
それは、クレジットカード現金化という方法はカード会社では利用規約で禁止をしています。
ですからその禁止行為がカード会社にばれてしまうと、今後クレジットカード決済ができなくなります。
そうなれば、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化が行えなくなります。
これは避けなければいけないので、対策を講じる必要があります。
一番の対策としては、短期間で何回もこの行為をしないことです。
これを守れば、カード会社にばれる確率を大幅に減らすことができます。
換金性の高い商品ばかり短期間で何回も繰り返し行うと、カード会社の方でクレジットカード現金化をしているのではないかと疑いをかけてきます。
従って、短期間で何回も繰り返さないようにしましょう。